法然上人浄土宗開宗850年~お念佛からはじまる幸せ~ 法然上人浄土宗開宗850年~お念佛からはじまる幸せ~

浄土宗開宗850年PR映像

春・夏 版

秋・冬 版

浄土宗開宗850年の基本方針

浄土宗の宗祖・法然上人は、1175年(承安5年)に浄土宗を開かれました。
2024年(令和6年)に、浄土宗は開宗850年を迎えます。
法然上人は、「南無阿弥陀仏」とお念仏を称えることにより、
すべての人が平等に阿弥陀さまに救われていく道を説かれました。
浄土宗を開かれた理念について、法然上人は次のように仰っています。
「私が浄土宗を立てた意趣(いしゅ=考え)は、
凡夫(ぼんぶ=仏教の道理を理解していない者)が
阿弥陀仏の報土(ほうど=西方極楽浄土)に往生できることを示すためである。」
(『法然上人行状絵図』第6巻第6段)
その開宗の理念を重く尊び、開宗850年の基本方針を
「法然上人開宗の御心を示す」として、
法然上人のみ教えを広く多くの人々に、お伝えし知らしめていくこととし、
具体的には、『浄土宗21世紀劈頭宣言』の実践を目指すものである。

OVERVIEW

About 850th Anniv.

浄土宗開宗850年キャッチコピー
「お念佛からはじまる幸せ」とは

浄土宗開宗850年キャッチコピー「お念佛からはじまる幸せ」とは
ただ単に「幸せ」を追求するのではなく、本当の「幸せ」とは何かを考えなおすためのフレーズです。
欲求が満たされることも「幸せ」の一面ですが、欲求が満たされることだけが「幸せ」ではありません。
「仏法僧の三宝」の「明るく、正しく、なかよく」生きる生活の中に、「幸せ」の本質があると考えます。
「お念佛からはじまる幸せ」とは、お念仏を称えることにより、
自分自身が生かされていることに気づかされる。
そして、お念仏を称えることが阿弥陀さまに見守られ、救われていく安心につながり、お念仏の信仰を深めていくことです。

INVOKE

Happiness Begins with the NENBUTSU
浄土宗開宗850年ロゴマークデザイン

浄土宗開宗850年ロゴマーク

浄土宗は、浄土宗開宗850年のキャッチコピー
「お念佛からはじまる幸せ」を象徴するシンボルマークの募集をしました。
全国から創意工夫を凝らしたすばらしい601点の作品が寄せられました。
そして、選考委員会において、厳正な選考の結果、最優秀賞は、
法然上人のシルエットを表現した神奈川県在住の梶塚盛利氏の作品に決定しました。

決定したシンボルマークを用いて、「法然上人」、「浄土宗開宗850年」、
「お念佛からはじまる幸せ」、「令和6年」という4つのキーワードを配し、
ロゴマークといたしました。
このロゴマークを皆様にも印刷物、製作物等にご使用していただき、
2024年(令和6年)に迎える浄土宗開宗850年の機運を高めてまいりたいと存じます。
そこで、教化活動のために寺院関係者の方向けにダウンロード用画像データ、
またそれを用いる際の注意事項等をまとめたデザインマニュアルをご用意いたしましたので、
ぜひご活用ください。下記のリンクよりダウンロードページをご覧になれます。

LOGO DESIGN

慶讃事業一覧

 決定した22事業(令和3年11月15日現在)の一覧です。事業毎にクリックいただければ、事業の詳細を御覧いただけます。
 現在、国内において新型コロナウイルス感染症の変異株が猛威をふるっており、収束が見通せない状況です。既に実施されている慶讃事業においても、緊急事態宣言やまん延防止適用等重点措置の発令に伴い、開催の延期が相次いでおります。
 今後の新型コロナウイルス感染症の本宗における対応は、開宗850年慶讃事業においても、国の指針に従い、進めて参ります。今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況に応じて、事業の大幅な見直しや中止、縮小等の可能性もありますことをご承知おきください。

PROJECT

資質向上

お寺の未来ミーティング -僧侶・寺族の研鑽のために-
新命住職研修会
研修ICT化推進
適正な会計処理支援 -全寺院達成を目指して-

大衆教化

そうだ浄土宗寺院を巡ろう -浄土宗寺院特別大公開-
宗内関係団体連携支援
浄土宗開宗850年記念「法然フォーラム」
令和版結縁交名「念仏署名運動」
BSテレビ特番(歴史紀行)制作
地上波テレビ制作
「YouTube公式チャンネル」推進

檀信徒教化

法要開筵
地区・教区教化推進支援
開宗850年記念大賞
青少年育成推進
法灯リレー

文化振興

増上寺三大蔵経電子化
浄土教展(仮称)
浄土宗聖典電子化
源智上人造立阿弥陀如来立像安置
浄土宗高僧名号展

大衆教化・檀信徒教化

広報活動
事業スケジュールはこちら 宗関係情報サイトまとめはこちら